昨日、夫とスーパーに買い物に行き、インテリアコーナーを見ていたら、なんと和柄2段のお弁当箱が定価よりも300円ほど安いシールが貼られている上に更に半額シールが貼られていてびっくり。
和柄のお弁当箱は、中学の娘がずっと欲しがっていたけれど高くて手が出なかったんです。

欲しいなぁと思ったけど、今使っているのもあるし、何より同じように考える夫の目も気になって泣く泣くあきらめることに。

でも、家に帰ってからやっぱり諦めきれなくて、娘につい話したら「見てみたい。」ということになりました。

ただ問題は、昨日行ったスーパーは車でないと行きにくい所。
一応そのスーパーはあちこちにあり、地元にもあるので、とりあえず行ってみる事に。

一軒目はなく、二軒目に行ってみるとありました。

ただし金額が違っていて、定価から500円引きの千円。
もし昨日のスーパーならもう少し安かったのに。

でも、行くには車以外では何度かバスを乗り換えることになるので、バス代を考えたらここで買ったほうが得。
ということで娘は悩んだ末、なけなしの小遣いで購入しました。

それにしても、今ってお弁当箱とお箸が別なのが普通なんですね。

娘はお箸も買おうとしていたんですが、お箸の値段がお弁当とそう変わらないので泣く泣くあきらめていました。

買ってあげても良かったかなとも思うんですが、今使えるモノを買い替えるので親的にはムダなモノ。

すると、100均で和柄のお箸を探すとのこと。
お箸なら意外と和柄もあるので、頑張って探して自分のお小遣いで買ったものとして大事にしてほしいですね。